スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
提出物によって振り返る思い出
昨日の書類、結局夜中の一時半までかかっちゃったよ・・・
子供の生活面、学習面、行動面などの個人調査と学校に求めるものなどなど・・・に始まり、
家庭調査、健康調査。地図。。。。

健康調査では、心臓病調査あり。
「心臓病で40歳前の親族を突然亡くしていますか?」って。
「はい」
これ旦那のこと。

以前まぐまぐ(あまりに発行しないので消えてしまったみたい・・・)
には書いたことがあるんだけど、
亡くなったときの状況を残しておきたいので、
再度書きますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うちの旦那の死因は心筋梗塞でした。
夜苦しみだして、救急車を呼んだ。
このとき意識はあり、
置いていく子供のことを隣の課長さん宅におねがいするようになど、
テキパキと指示してくれたくらい。
病院でも全部自分で症状を説明し、その後専門の先生がかけつけ処置室へ。
心臓の血管が二本詰まっていたの。
一本だって命取りなのに。
その説明を心臓マッサージしてる姿を見せながらするのよ・・・
「なにやってるんですかっ!」って、思わず叫んじゃった・・・
容態の説明なんて頭に入らない。
電気ショックなんてたまんないぞー。
(未だにその辺トラウマ)

先生いわく、「旦那さんはまだ若いからやるだけのことはやりたい・・・」と
緊急手術の説明。。
それでも元に戻る見込みはすでに0.01パーセント。
最後とも思わないし、きちんと言葉も交わさないままに手術室へ・・・
・・・と同時に家族をここへ呼ぶようにと・・・

朝方始まった手術は五時間後、一応成功!!

それでも機械で血を流し、無理矢理心臓を動かしていて・・・
いわゆる植物状態・・・
これからはこの状態でしか生きられない状態。。。
もう戻ることはない・・・

オシャレな旦那がこんな姿をみんなの前でさらすのは
更に辛いんじゃないかって・・・

人口呼吸器が咥えられた唇はカサカサでひび割れていて・・
私は自分のリップを何度も塗った。

親戚が集まって控え室にいる。
ウチの親が、「今ここにいる意味はなんだ!」とつぶやく。
ほんとよね・・・

そして夕方・・・
「この状態は本人にとって、すごく苦しいんですよ・・・」と先生。
見るからにどす黒く変わっていく肌の色・・・
生きている人間とは思えない風貌・・・
既に皮膚の硬直が始まってきていた・・・

私は言った。
「もういいです。機械を止めてください」と・・・
誰も反対する人はいなかった。

そしてその後機械は止められた・・・
当時函館に住んでいたんだけど、
丁度旦那の遺体を病院から出すとき、初雪が降りました。
苦しみだしてから17時間後の出来事でした。

余談だけど、その次の日の朝だったかな。
旦那が夢に出てきて、私と会話してるシーンを見た。
旦那が言う。
「唇が動くようになったんだ・・・(^^)」
「そう よかったね(^^)」って私わざとあっさり返事したりして。。。

余程私の中で、人工呼吸器で固定されて、口が閉まらず
唇がかさついているのが気になっていたんだなぁ。。。

---------------------------------------------

ってなことがありましたですよ。
昔の話です。
でもずーーっと心に残る忘れちゃいけない(忘れられない)話です。

家庭調査表にも迷ったけど、
父の名前も入れましたよ。横に「死去」ってね。
享年33歳でした。

当時リボちゃん3歳。はねちゃん1歳。
大きくなりましたね~(^O^)

今朝はカバンを背負った状態で、
写真を撮りました。
二人はそれぞれ張り切って学校へ行ったよ。(^^)
目がキラキラ輝いて希望に満ちて・・・

改めて、すっごくうれしい気持ちになりました。
あーー 母冥利。
確か私が中学のとき、登校二日目、
家の前で写真を撮ってくれた。
うちの親も私のとき、こんな気持ちだったのかな?
準備などなど大変だったんだなー。
ありがたいなー。

さっき親に報告のメールと写真を送った。
そのときそんなことを考えていたよ。

アップロードファイルアップロードファイルアップロードファイルアップロードファイルアップロードファイルアップロードファイルアップロードファイルよろしければポチッとお願いします四葉のクローバー

ェ人気UPランキング ブログランキング 人気blogランキングへェ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

そうですよね
ちょくちょく遊びに来ます。継続して日記凄いです。私も頑張ります。ここのところ寒くなってきたので風邪などに気をつけて下さい。またよらせて頂きます。
ふ~む
勉強になりました。ヤフーからきました!足跡で失礼しました。
NoTitle
イマジンさん>
いえいえ、どうもです(^O^)

お父様同じご病気でしたか。
まだ最近のことだったんですね。
思い出させてしまってごめんなさい。

私もなぜここまで覚えてるんだろう・・・って
コメントいただいて改めて考えました。
多分、「忘れたくない」んだと思います。

亡くなったことは悲しいし、それでよかったとは思わないけど、
そこから得たものは本当にたくさんあります。
人の痛みもこれでもわかるようになったつもりです。

そのような自分の中の変化が、
旦那の死を「辛い」という感覚から、
「愛する人の大切な思い出」へと変えていったのかもしれません。

つくづく時間ですね・・・
暖かいお言葉をどうもありがとうございます。(^O^)

みゆきちゃん>
天国のおっとー・・・
きっとやきもきして見てると思うわ^^;

仙人さん>
心配してくれてありがとう。
多分、死後直後は辛かったことで、忘れたいと思ったかもしれません。
でも時間とともに、「愛する人との大切な思い出」になったんですね・・・
だから正確には自分の中で、「忘れたくない」って気持ちに変化したんだと思います。
愛する人の最後の日の最後の行動、最後の言葉、最後の姿・・・
(本文にはないのですが、家族のことを最後まで考えてくれた旦那の言動など裏には含まれています。)
「辛い思い出」であると同時に「良い思い出」として、大事にしたいです。
こんばんは。
辛いときのことはできるだけ忘れた方がいいのかなあと思います。ご主人も良かった時のことだけを覚えておいてほしいのでは・・・
なんて、出すぎたコメントですね。すみません。
NoTitle
天国にいるお父さんのためにも頑張ってね。
NoTitle
ご無沙汰してました、
また、よろしくです・・・

辛い記憶ですね、今も
克明に忘れられないで
覚えてられていて、胸が詰まりました・・・

その後も二人のお子様をそだてられ
頭が下がります。
大切な、ご主人の思い出を
ご紹介してくれて、ありがとうね。

僕の父も、一昨年前に
同じ病気で他界しました。
すこしダブりました・・

愛する家族を見送るのは
やはり辛いことです・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

雅子

  • Author:雅子
  • ようこそいらっしゃいました♪
    どうぞゆっくりしていってくださいね~☆

    メルマガを発行しています。
    (只今休刊中)

    1998年、死別シングルになりました。
    主人のことはこちら→「提出物により振り返る思い出」より
    二人の知的障害児がいます。
    娘リボンことリボちゃん(1995年生まれ)は軽度の精神遅滞。
    (2010/2/1の日記よりHNを「カチューシャちゃん」に変更。)
    息子はねることはねちゃん(1996年生まれ)は最重度の精神遅滞(自閉傾向あり)。
    アリスことアリちゃん(♂)は2004年のクリスマスに我が家へやってきた1400gしかないヨークシャーテリアです。

    日々のこと、気持ちのままに綴っていきます。

    *場にそぐわないと判断した書き込み(またはURLのあるもの)は、
    削除させていただきます。


    人気UPランキング
    日記・ブログランキング 
    FC2 Blog Ranking
    ↑ ↑ ↑
    参加しています♪



    初の出版本です。よろしくお願いします♪↓
最近の記事+総記事数
全タイトルを表示
最新コメント
カテゴリー
amazonおすすめ♪
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
img_logo_PCY.gif
link_banner.gif
makoba ←リンクの際にお使いください☆
RSSフィード
タグリスト

誕生日 占い 分析 

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
3387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
592位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム♪
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。